ガッテン!ハッピーホルモン

スポンサーリンク

 2019年4月22日の「ガッテン!」は、ハッピーホルモンについて。

ストレスや痛みを軽減し、認知症の症状まで改善させると言うハッピーホルモン。

番組によるとハッピーホルモンとは、オキシトシンのこと。

痛みやストレスを感じると脳にある扁桃体が反応し、様々な症状の悪化に深く関わっていることがわかっている。

しかし、そんな時、人がやさしく触れると、オキシトシンが現れて興奮している扁桃体を鎮めてくれると言う。

オキシトシンは、ハグしたり、触ることによって出る。

番組では、背中を10分間ゆっくりさする「タッチケア」が紹介された。

すぐそばにいなくてもオキシトシンを出す方法

オキシトシンは触れ合うことができなくても出せる。

たとえ触れ合うことができなくても、電話を通じてオキシトシンを出すことができる。

自分が信じる好きな人の声を聞くだけでも出る。

「ガッテン!」では触れられなかったが、アロマを嗅いだり、かわいい動物を見たりするという方法も。

【関連記事】
世界一受けたい授業 幸せホルモン・オキシトシンを増やして科学的に幸せになる方法
自律神経セルフケア術 イライラが変わる

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・自律神経セルフケア術 イライラが変わる ・ガッテン!ハッピーホルモン […]

  2. […] 【関連記事】 ・世界一受けたい授業 幸せホルモン・オキシトシンを増やして科学的に幸せになる方法 ・ガッテン!ハッピーホルモン […]

タイトルとURLをコピーしました