ガッテン!おしっこの悩みに内臓リフトアップ体操

スポンサーリンク

2月27日の「ガッテン!」は、『おしっこの悩み大改善スペシャル』と題して、おしっこの悩みについて。

尿漏れや残尿感など、おしっこの悩みの原因のひとつに骨盤底筋が弱ることがある。

解説してくれたのは、 女性泌尿器科専門医の嘉村康邦先生。

骨盤底筋が弱まると膀胱を支えられなくなる

本来、膀胱は押されても尿が漏れることはないが、膀胱の位置が下がると尿が漏れやすくなったりす

出産などで骨盤底筋が傷つき緩んでしまうと、膀胱を支えられなくなる。

内臓リフトアップ体操

骨盤底筋を鍛える方法として、「内臓リフトアップ体操」が紹介。

動かすのは、おならを我慢するときに使うお尻の穴の筋肉。

息を吐きながら肛門をしめることで、骨盤底筋を収縮させる。

そのやりかたは

(1)椅子に座ってリラックスして、ゆっくり息を吸う

(2)ゆっくり息をはきながら、おならを止めるときのように肛門をキューッと3秒ほどしめる

筋肉をおなかの中に引っ張り上げるように、意識してしめる。

(3)終わったらリラックス

肛門をしめるのを10回で1セットとし、1日2セット以上をまずは3か月続けてみる。

座ったり寝たりしながらもできる。

いきむときは両手を上げる

便秘でいきんだり、重い荷物を持つときなど、おなかに圧力がかかってしまうが、この圧力をできるだけ小さくする。

いきむときは両手を上げる。両手を上げることでおなかの中の空間が広がり、圧力がかかりにくくなる。

重い荷物を持つときは、背筋を伸ばして持ち上げる。

おしっこの悩みは、過活動膀胱など他の病気の場合もあるので、まずは病院に行って医師の診断をうける。

コメント

タイトルとURLをコピーしました