この差って何ですか?高血圧予防にシイタケ

スポンサーリンク

1月15日の「この差って何ですか?」で、キノコの種類による健康効果の差が特集。

高血圧予防のキノコとして、シイタケが紹介された。

冬場は特に血液がドロドロに

糖分や脂を摂りすぎると、血管内に血液の塊ができてドロドロ状態に。

その結果、血流が悪くなり、血圧が上がってしまう。

特に、冬場は運動不足で血液がドロドロになりやすいという。

高血圧予防にキノコのグアニル酸

キノコに含まれるグアニル酸という成分が、血管内の血液の塊を分解してくれ、血液がサラサラになり、血圧を下げることができるという。

グアニル酸豊富な干しシイタケ

キノコのなかでも、特にグアニル酸が豊富なのが、シイタケ。

シイタケといえば、生シイタケと干しシイタケがあるが、グアニル酸が豊富なのは干しシイタケ。

干しシイタケは氷水で戻す

干しシイタケを戻すときは、お湯で戻さずに、氷水で戻す。

グアニル酸は、10~50℃だと分解されて減少する。

氷水、すなわち、5℃以下の水で戻すと多く残る。

お湯で戻した時の3倍も多く残るという、研究結果もあるという。

シイタケといっしょにショウガを

シイタケと食べ合わせると高血圧の予防効果が高まる食材として、ショウガが紹介。

ショウガにはジンゲロールという成分が含まれていて、血管のなかにジンゲロールが入ると血管を広げてくれる。

その結果、血圧が下がる。

シイタケの血液サラサラ効果と、ショウガの血管を広げる効果があわせることによって、より高血圧を押さえることができるという。

コメント

タイトルとURLをコピーしました