ソレダメ!長寿遺伝子「サーチュイン遺伝子」を活性化させる方法

11月28日の「ソレダメ!」で、健康長寿の人に共通する長寿遺伝子と長寿ホルモンが紹介。

お茶の水健康長寿クリニックの白澤卓二院長が、長寿遺伝子を活性化し、長寿ホルモンを増やす方法を教えてくれた。

【関連記事】
ソレダメ!長寿ホルモンを増やす方法 生姜を剥かずに煮込んで食べる
ソレダメ!アンミカの仰天美容法 エレベーターで空気イス、肩甲骨ストレッチ

スポンサーリンク

長寿遺伝子を活性化させる方法

番組で注目の長寿遺伝子は、サーチュイン遺伝子。

サーチュイン遺伝子は、特別長寿な人だけが持っているのではなく、誰もが持っている。

サーチュイン遺伝子が活性化すると、細胞分裂を抑制し、老化がゆっくり進み細胞が長生きするという。

サーチュイン遺伝子を活性化させるアーモンド

サーチュイン遺伝子を活性化させる食べ物として、アーモンドが紹介。

アーモンドに多く含まれるレスベラトロールが、サーチュイン遺伝子を活性化させる。

1日20粒ほどが目安。

12時間以上の絶食

サーチュイン遺伝子を活性化させる食習慣は、12時間以上の絶食。

空腹状態が続くと、サーチュイン遺伝子が活性化する。

生物は、栄養状態が悪いときに、耐えて生き延びようと進化したと考えられている。

空腹の状態が12時間以上続くと、サーチュイン遺伝子が活性化するという。

歌をうたう

日常的に歌をうたうことも、立派な運動。

夢中になって運動すると、体のなかの消費が進んで、細胞のなかの代謝が空腹のときと同じような状態になって、サーチュイン遺伝子が活性化するという。

【関連記事】
美と若さの新常識 断食は体質改善のスイッチ 若返りの強い味方サーチュイン遺伝子
みんなの家庭の医学 高血糖ストップ遺伝子「サーチュイン遺伝子」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] ・ソレダメ!長寿遺伝子「サーチュイン遺伝子」を活性化させる方法 ・ソレダメ!長寿ホルモンを増やす方法 […]