初耳学 酵素ドリンクの酵素は死んでいる?

11月18日の「林先生が驚く!初耳学」で、酵素ドリンクが、ひた隠しにする矛盾が紹介。

そもそも酵素は体内で作られ、消化吸収を助けたり新陳代謝を活発にしてくれるもの。

しかし、市販されている酵素ドリンクの酵素は、製造段階ですでに死んでしまっているという。

スポンサーリンク

酵素ドリンクの酵素は、飲むときには死んでいる

酵素ドリンクは生きている酵素を取り込めるため、体内の酵素量が増加し、その分新陳代謝がより活発になると謳われている。

しかし、酵素ドリンクの酵素は飲むときには、すでに死んでいる。

死んでしまった酵素を飲んでも何の意味もない。

番組では、ゼリーを使った実験が紹介。

酵素が生きていれば、ゼリーが分解される。

ゼリーに酵素ドリンクを漬けてもゼリーがほとんど溶けない。

なぜ酵素は死ぬのか?

酵素には、働くのに適切な温度がある。

酵素ドリンクも飲料。

日本では65度あるいは85度以上で加熱して殺菌したものでなければ、飲料として販売できない。

となると、人間の体のなかで40度前後で活発に働く酵素は、その温度まで上げてしまうと死んでしまう。

酵素ドリンクの酵素は、食品衛生法の加熱殺菌によって死んでいる。

ただし、お店で生野菜やフルーツをドリンクにしたものは、加熱義務がないため生きた酵素が含まれている。

酵素ドリンクって、いまは良く分からないがすごくよく売れていたが、言われてみれば「生きた酵素」という商品は粉末みたいなものが多いかなぁ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ