教えてもらう前と後 天皇陛下の元理髪師の抜け毛解消シャンプー法

11月13日の「教えてもらう前と後」で、抜け毛改善の正しいシャンプー法が紹介。

教えてくれたのは、天皇陛下の元理髪師の大場隆吉さん。

【関連記事】
美と若さの新常識 髪を傷めないシャンプーは予あらいでたっぷり濡らし、たっぷりすすぐ

スポンサーリンク

細くて短い抜け毛は要注意

日本人の1日の抜け毛の数は通常50本から100本。

そのうちの5割から7割がシャンプー時の抜け毛と言われているが、抜け毛の本数よりも抜け毛の質が問題。

細くて短い抜け毛は要注意。

細くて短いのは、早死にした髪の毛。

髪の毛の成長期は、通常2年から6年。

その後、毛根が縮み自然と抜け落ちる。

そして、再び毛母細胞が新しい髪の毛を作り出すのが正しいヘアサイクル。

このヘアサイクルで抜ける抜け毛は問題のない良い抜け毛。

一方、薄毛につながる悪い抜け毛は、ヘアサイクルが短くなっている。

悪い抜け毛のヘアサイクルは成長期がわずか数ヶ月から1年。

十分に育った大根は抜けにくいが、育ち始めの大根は簡単に抜けてしまうのと同じ理屈という。

抜け毛の原因・余分な皮脂を落とすシャンプーのしかた

頭皮の余分な皮脂は、周辺に炎症を起こしやすくなり抜け毛の原因になる。

余分な皮脂を落とす正しいシャンプーのしかたを、天皇陛下の元理髪師・大場隆吉さんが教えてくれた。


スポンサーリンク

シャンプー前に「予洗い」

シャンプーの前に「予洗い」で髪の汚れの7割は落とせる。

予洗いとは、シャンプーをつける前のお湯洗いの事。

シャワーヘッドを頭皮から5センチほどに近づけて汚れを落としていく。

39度前後の温度で3分。熱すぎると、必要な皮脂まで落としてしまう。

シャンプーのつけかた

シャンプーを毛の表面につけても、毛の中に入っていない。

シャンプーを両手に取ったら、髪の生え際から頭頂部にかけて指を滑らせるようになじませる。

髪の毛を持って、空気と一緒に、空気と膨らませていく。

髪の毛を泡立てネットのようにすると、きめ細かい泡が出てくる。

こうしてきめの細かい泡をつくると、毛穴の余分な皮脂を落としやすくなる。

シャンプーで洗うのは頭皮

シャンプーで洗うのは、髪というより頭皮。

桃を触れるような優しいタッチで、指の腹を頭皮に密着させ、揉み込むように毛穴の汚れを押し出すのがポイント。

泡がなくなっても1分以上すすぐ

すすぎの時間は、洗う時間の2倍くらい。

泡を感じなくなってから1分以上はすすぐ。

すすぎが不十分だと皮脂が残ってしまう。

正しい髪の乾かし方

頭皮には雑菌が多いので、ドライヤーでなるべく早く乾かしてあげる必要がある。

注意すべきは、髪の毛とドライヤーとの距離。

ドライヤーの温風は、平均で100度から110度。

近すぎると髪も頭皮もダメージが大きい。

20センチ以上離すことで、頭皮に当たる温度は60度から70度の適切な温度になる。

そして、ドライヤーは常に動かしながら使う。

髪の毛が8割ほど乾いたら、仕上げに冷風を使うと髪の毛のツヤと手触りが良くなる。

【関連記事】
美と若さの新常識 髪を傷めないシャンプーは予あらいでたっぷり濡らし、たっぷりすすぐ
ガッテン!髪の毛の空洞化は濡れたままこするから

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ