主治医が見つかる診療所 間食は体にいい

11月8日の「主治医が見つかる診療所」によると、実は間食は体に良いという。

いつ、どういうタイミングで間食をとると、間食もダイエットの味方になるという。

【関連記事】
主治医が見つかる診療所 小顔リンパずらし

スポンサーリンク

「食べる回数」が多い人のほうが肥満度は低い

食事の回数を増やすと、トータルの摂取カロリーが低くなり、痩せやすくなるという。

9時以降に夕食を食べる人に肥満が増えている

昼食から夕食までに時間が空きすぎると、早食いになってたくさん食べてしまう。

また、BMALL1(ビーマルワン)という時計遺伝子がある。

このBMALL1は、脂肪をつけやすくする遺伝子で、午後9時から午前2時ころにかけて増加する。

このときに食べたものは、脂肪につきやすくなってしまうという。

昼食と夕食の間に間食すると、空腹感がへるため、夕の量が少なくても済む。

空腹のときにいきなり糖質を食べると

空腹のときにいきなり糖質を食べると、血糖値が急上昇する。

このときに、糖質が血管を傷つけて、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、がんのエサになってしまう。

さらに、糖質を下げるために出るインスリンが、糖質を脂肪細胞のなかに押し込んで肥満の元になり、インスリンが余計に出ると、反応性低血糖といって一気に血糖値が下がったときに、体が老化してしまうという。

おすすめ間食「枝豆」

ベジ・ファーストの提唱者でもある、京都女子大学の今井佐恵子教授のおすすめは、枝豆。

枝豆は、大豆の未熟なもの。

大豆は畑の肉といわれるぐらい、豆類の中でもたんぱく質が多い。

枝豆は大豆のいいところと、野菜のいいところを兼ね備えた食品。

枝豆は、ビタミンCとメチオニンも豊富。

ビタミンCには美肌効果が、メチオニンには脂肪燃焼を助ける働きが期待できる。

間食おすすめ和菓子「イチゴ大福」

管理栄養士の安中千絵先生によると、和菓子も種類を選べば間食に選んでよい。

安中先生のおすすめは、和菓子なら「イチゴ大福」

日頃の食事で不足しがちな栄養素を含むものを、間食に摂るのがおすすめ。

たんぱく質、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどを含むものを、間食でも食べるのがよい。

イチゴ大福は、イチゴの分だけ、普通の大福よりもあんこが少ない。

また、イチゴはカロリーが低いが、ビタミンCや食物線維が入っていて、ポリフェノールも豊富。

間食は1日200kcal

1日の間食量は、一日に必要な摂取カロリーの10パーセントが理想。

だいたい200kcalを目安にする。

ゆでたまごだと2個、おにぎりだと1個、バナナだと2本半ほどに相当する。

間食おすすめ洋菓子「プリン」

プリンは、牛乳とたまごを使うので、たんぱく質も摂れる。

他にもおすすめなのが、シュークリーム。

たまごと牛乳でたんぱく質が摂れて、砂糖も比較的少なくて、間食にむいているという。

砂糖控えめなコーヒーゼリーもおすすめ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ