主治医が見つかる診療所 小顔リンパずらし

11月8日の「主治医が見つかる診療所」は、『医学の力で若返るぞ!大作戦』

その中で、ほうれい線やアゴのたるみを解消し、たった10日で小顔になるという「リンパずらし」が紹介された。

教えてくれたのは、リンパ浮腫研究所の米原恵理子先生。

【関連記事】
主治医が見つかる診療所 間食は体にいい

スポンサーリンク

リンパずらしでなぜ小顔に?

リンパは、老廃物を流す水路のようなもの。

つま先から、血管と同じように、両足、両手、首、顔まで、リンパ管が張り巡らされている。

この中を流れるのが、リンパ液。

皮膚の老廃物などを集め、排出する役割をしている。

このリンパ液の流れが滞ってしまうと、老廃物が溜まり、それが重みになってたるみやシワ・くすみの原因になる。

滞ったリンパ液を流すことが、小顔になる近道だという。

小顔リンパずらしのやりかた

準備運動も含めて、5つのステップで行う。

準備運動「肩回し」

鎖骨の後ろに、全身のリンパ液が最後に入るゴール地点があり、静脈に流れ込む。

この部分がつまっていると、老廃物がうまく流れない。

準備運動として、肩回しを行う。


スポンサーリンク

(1)鎖骨が大きく動くのを意識しながら、後ろに5回まわす

小顔リンパずらし「鎖骨」

(1)指の腹で、鎖骨の上のくぼみを回すように5回、やさしく皮膚をずらす

もっとも大切なのが、力加減。

ぐいぐいやるのではなく、手が皮膚に触れる程度でなでるように肌をずらす。

リンパ管は皮膚のすぐ下を走っているので、力をいれて強く押すと、リンパ管をつぶしてしまい、逆に流れが悪くなってしまう。

小顔リンパぐらし「首」「耳」

(1)首にピタっと手を当てて、鎖骨のほうに向かってゆっくり円を描く

手のひら全体で、回すように5回おこなう。

(2)最後に、鎖骨にむかって、やさしくなでるように流す

(3)耳のリンパずらしは、人差し指と中指で耳を挟んで、回すように5回行う

(4)最後に、鎖骨にむかって、やさしく流す

小顔リンパずらし「アゴのたるみ改善」

(1)両手の親指を立て、アゴの下にあてる

(2)スーッと、耳のほうに動かすのを5回行う

これらを、朝晩の1日2回行うと良い。

目元のたるみを解消するリンパずらし

目元に老廃物が溜まっていると、皮膚がたるんできやすいし、目の下がクマになって血色も悪くなってくる。

(1)目の下の骨のところに、指の腹をピタッとあてる

(2)やさしく、ゆっくり、5回くるくるする

大きく動かす必要はなく、極力小さく動かす。

(3)まぶたの上の骨に指をあてて、同じように5回くるくるする

(4)額に指の腹をあてて、くるくる5回

(5)最後に、耳を通して、鎖骨に流す

ほうれい線を薄くするリンパずらし

舌をつかった、ほうれい線を薄くするリンパずらしが紹介。

内側から舌の動きでマッサージする。

(1)鏡をみながら、舌先がほうれい線にあたっているかどうかを確認する

(2)舌でニョーンと伸ばすイメージで、ほうれい線を押し出すように内側からまわす

左右5回ずつ行う。

(3)さらに、外側からも、ほうれい線のシワのところにピタッと指をあてる

(4)極力、小さな円を描いて、5回くるくるする

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ