ガッテン!1000回免疫力ゲットSP 免疫力アップランキングベスト20

10月31日の「ガッテン!」は、ためしてガッテン!から数えて、1000回目の放送。

免疫力をつけるために最も大切なことは何か?

免疫力アップのための、ベスト20ランキングが紹介された。

スポンサーリンク

免疫細胞・リンパ球

免疫細胞の一つとして、リンパ球が紹介。

リンパ球は白血球の一種で、ウイルスやがん細胞から体を守ってくれる免疫機能の主役。

リンパ球は、血管を通って体内をパトロールし、ウイルスなどの敵を退治する。

しかし、免疫力が低下していると、リンパ球のパトロールが間に合わず、感染細胞やがん細胞が増殖し、症状が悪化してしまう。

リンパ球は少なくても免疫力が高い?

リンパ球が少なくても、あることをすると、リンパ球が増える人がいる。

リンパ球が増えたり減ったりする理由は、交感神経にある。

解説してくれたのは、京都大学の河本宏教授。
感神経は、血圧や心拍数をコントロールしていて、運動やストレスで活性化する。

この交感神経が、免疫にも深く関わっている。

激しい運動やストレスで交感神経が活性化していると、リンパ球はリンパ節のなかにとどまったまま、血液中に出ていかない。

ところが、交感神経が緩むと、血液中に出て行って、ウイルスなどの敵と戦ってくれる。


スポンサーリンク

どうしてリンパ球はリンパ節にとどまるのか?

リンパ球を積極的にリンパ節にとどめることによって、免疫をむしろ強めている。

リンパ節は、リンパ球の待機場所ではなく、リンパ節でこんな感染症がきたと病原体について学ぶ。

リンパ節に病原体が運ばれてきて、そこでリンパ球がが学習し、パトロールの効率を上げている。

リンパ球の学習とパトロールを交互に行うことで、症状が出るまえに敵を退治できるという。

現代人は、長期間のストレスや睡眠不足などが不要に交感神経を活性化し、リンパ球の出入りに悪影響を与えている。

日中に適度に交感神経をゆるめることが、免疫機能にとって重要だと考えられるという。

交感神経にメリハリをつける

免疫機能にとって大事なのは、交感神経にメリハリをつけること。

十分な睡眠

睡眠は、一日でもっとも交感神経が緩まる。

日中のパトロールモード

もうひとつは、日中にパトロールモードを作ること。

マッサージをしたり、犬の散歩などをして交感神経を緩める。

免疫力アップランキングベスト20

10名が一泊二日で、免疫力アップのためによいと考えられていることを実践。

心拍数と呼吸数から交感神経の活性度(LF/HF)を調べる。

1位 昼寝 2.91 ・・・眠らなくても横になること自体が交感神経をゆるめる。午後1~3時に30分以内がおすすめ。
2位 ウォーキング 3.37 ・・・軽度の運動はリラックス効果がある。天気や景色の良さも影響する可能性がある。
3位 足湯 3.53 ・・・足が温まると、血管を広げて熱を逃がそうとするため、交感神経が緩んだのではないかという。ただし、熱すぎるとかえって交感神経が緊張してしまう可能性もある。気持ちよいと感じる、ぬるめのお湯がおすすめ。
4位 めい想 3.61
5位 音楽鑑賞 3.77
6位 緑茶 3.77 ・・・器からぬくもりを感じるや、お茶を飲む行為自体の安心感でリラックスできたのではないかとのこと
7位 首にマフラー 3.80 ・・・首のまわりを温めることで、全身の血行がよくなりリラックスできたのではないかとのこと
8位 首にネギ 4.16
9位 マッサージ 4.36
10位 人にやさしく 4.42
11位 筋トレ 4.58
12位 入浴 4.58
13位 体操 4.68
14位 乾布摩擦 4.88
15位 ストレッチ 5.21
16位 タッチケア 5.26
17位 コーヒー 5.50
18位 にんにく 5.63
19位 温冷浴 6.25
20位 お笑い 7.35

好きなことをする

番外編として、フリータイムに各自好きなことをすると、結果は3.74と順位に換算すると4位に。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ