今でしょ!講座 さば缶

10月23日の「林修の今でしょ!講座」で、魚の缶詰が特集。

さば缶だけでなく、いわし缶やさけ缶などの健康パワーが紹介された。

教えてくれたのは、早稲田大学の矢澤一良先生。

まずはさば缶について。

【関連記事】
今でしょ!講座 血管を老けさせないいわし缶、免疫力をアップするさけ缶
今でしょ!講座 血管にエピガロカテキンガレート豊富な緑茶

スポンサーリンク

骨折・肥満対策に「さば缶」

生のさばよりも缶詰のさばのほうが栄養価が高い。

カルシウムは約43倍高い。

缶詰は柔らかく煮てあるので、骨ごと食べられる。

何歳からでも骨は修復できる。

すでに骨が衰えている人でも、骨に必要なカルシウムを補充すると、骨を丈夫にできるという。

缶詰には血合いも

缶詰には骨や皮だけでなく、血合も入っている。

血合は、骨の周りにあって、空気に触れると痛みやすく、においの原因になり捨ててしまうことが多い。

しかし、缶詰にすると空気に触れることがなくなり、痛むことがなく、においが抑えられる。

さば缶には、ビタミンDも生の2倍入っている。

DHAも缶詰のほうが多い

DHAも生の1.3倍入っている。

DHAは、脳の働きを活性化する。

魚を日常的に食べていると、認知症のリスクが3分の1になるという。

肥満対策に良いさば缶の食べ方

内臓脂肪を減らす効果が期待できるEPAも、生の1.3倍含まれている。

EPAやDHAが、やせるホルモンGLP-1を分泌させる働きがあるという。

EPAやDHAの弱みは、空気に触れると酸化してしまうこと。

缶詰は密閉してから熱を加えるので、EPAやDHAが劣化しない。

DHAやEPAは汁にも溶け出しているので、汁も残さず食べる。

理にかなったさば缶との組み合わせ

さば缶+たまねぎ+マヨネーズ

理にかなった食べ方として紹介されたのが、さば缶にマヨネーズとたまねぎをのせた「さばサラ」。

たまねぎのケルセチンと合わせると脂肪燃焼効果がアップし、また、マヨネーズのお酢は、カルシウムの吸収を促進する。

栄養価の高いさば缶の見分け方

同じ商品のさば缶のなかでも、より栄養価の高いさば缶の見分け方があるという。

注目ポイントは、賞味期限。

さばの旬である10~12月に製造されたさば缶が、同じさば缶のなかでも栄養価が高い。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ