教えてもらう前と後 上の歯と下の歯が当たっているTCHに、口の血管マッサージ

9月25日の「教えてもらう前と後」で、上下の歯が当たっている歯列接触癖(TCH)の危険性と、その改善方法として歯ブラシの柄を使った口の血管マッサージなどが紹介された。

教えてくれたのは、歯科医の倉治ななえ先生。

スポンサーリンク

歯列接触癖(TCH)とは?

歯列接触癖(TCH:Tooth Contacting Habit)は、上下の歯がくっつく癖のこと。

歯と言うのは本来、接していてはいけない。

上の歯と下の歯がくっつくとしたら、1日20分以内くらい。

それ以外の時間は必ず2~3ミリくらい間があいていて、安静空隙(あんせいくうげき)という空間を保っていないといけない。

なぜ癖がついてしまうのか?

本を読む、料理をするなど下を向いていると、下あごが後ろに下がり隙間がなくなって歯が接触しやすくなる。

スマホを見るときも下を向くので、歯が接触しがち。

鏡を見たときに、舌の脇が歯型でボコボコしている人や、頬の粘膜に歯型の白いすじが入っている人は、TCHの可能性が高い。

TCHは様々な不調を引き起こす

歯が接触していると、歯のまわりの血管が圧迫され血流が悪化し、歯周病や歯肉炎が起きやすくなる。

歯と歯が接触することによって、筋肉を緊張させる信号が脳から出続けるので、肩こりや首のこり、頭痛など、さまざまな体の不調を引き起こす。

TCHを改善法

舌を上あごにつけて大きく口を開ける

(1)舌を上あごにつける

(2)そのまま、口を大きく開ける

舌は筋肉のかたまり、上あごと下あごをこじあける力がつく。

10秒くらいかけて口を開けるのを3回。

これを1日2回を目安に行う。

あらゆる場所に付箋を貼る

行動変容法といい、医療で使われる、悪い癖をなくす方法のひとつ。

自分で自分に気づかせることで、新しい適応した行動を身につけることができる。

口の血管マッサージ

歯ブラシの柄など、先が丸くて平らなものを用意する。

なければ、指先でもできる。

頬の内側の歯茎へとつながる太い血管を押すことで、歯の周りの血流を良くする。

そのやりかたは

(1)歯ブラシの柄を、歯茎と頬の境目部分にあてる

(2)息を吐きながら、歯ブラシの柄を外側に押す

開いているほうの手は、歯ブラシを挟むようにそっと添える。

イタ気持ちよいくらいの、木綿豆腐に穴が開かない程度のチカラで押す。

上から下へ合計12か所マッサージする。

顔全体の血流もアップするので、フェイスラインもアップする。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ