今でしょ!講座 医学的に正しい水の飲み方

人間の体内の水分量は体重の約60%。

脳や筋肉の75%、心臓は80%が水分でできている。

水がないと、いろんなことが回っていかない。

脳が水分不足になると認知症、筋肉が水分不足になるとつまずきやすくなる。

8月21日の「林修の今でしょ!講座」の『医学的に正しい水の飲み方検定』で、正しい水の飲み方が紹介された。

解説してくれたのは、マブチメディカルクリニックの馬渕知子先生。

【関連記事】
今でしょ!講座 トマトスゴいパワーSP リコピンとエスクレオサイドA

スポンサーリンク

人間が水を一滴も飲まずに生活できるのは3日

人命救助の現場で使われる「72時間の壁」という言葉があるが、72時間を超えると生存率が著しく下がる。

人間が生きるためにいろいろな物を作るといらないものも出てくる。

それを排泄するために、尿や汗や便が必要になるが、水が少なくなると老廃物を排泄できなくなり、毒素が体内に溜まってしまう。

水を飲めることは非常に大事。

水分不足だと心筋梗塞にも

人間の血液は90%が水分。

水分が少なくなると、血栓ができやすくなる。

その結果、心筋梗塞のリスクも高まる。

夏は汗で水分が一層不足するので、とにかく脱水にならないことが大事。

1日に水はどれくらい飲めばよいのか?

食事を除くと、体重50キロの人が1日に必要な水分量は、1.5リットル。

自分の体重に30mlをかけると、1日に必要な水分量が計算できる。70キロだと2.1リットル。

飲みなれている量から少しずつ増やす。

ただし、水を飲みすぎると逆に水中毒になったりすることもある。


スポンサーリンク

朝起きたときに医学的に正しい水の摂取量はコップ1杯分

睡眠中は汗をかくことで500ミリリットルくらい水分が失われているが、朝起きたときにはコップ1杯の水を飲む。

一気に飲むのは胃腸の負担になる。

一度に人間が吸収できるのはコップ1杯分ほど。

数時間おきにおまめに水分補給する。

朝水を飲むときは、ゆっくり飲む

朝水を飲むときは、一気に飲むのではなく、ゆっくり飲む。

口から胃まで50センチ。

一気に飲むと胃の負担になる。

噛むようにして飲むのが大事という。

水分が失われる原因は、汗・尿・便と呼吸

汗や尿・便のほかに体内から水分が失われる原因は、呼吸。

1日で失われる水分は約2.6リットル。

そのうち吐く息だけで、400ミリリットルの水が失われる。

家でゴロゴロしていても、水分補給が大事。

軟水と硬水の違いはミネラルの量

ミネラルウォーターの軟水と硬水のちがいは、ミネラルの含有率。

厳密には、カルシウムとマグネシウムの量による。

日本に軟水が多いのは、石灰岩がすくなく傾斜が急で水がはやく流れ、また地下水が多いから。

夏太り対策により良いのは硬水

夏太り対策によりよいのは、硬水。

食べ物を食べたときにうまく脂肪を吸収するために胆汁が出てくるが、カルシウムは胆汁の働きを弱め、腸内での脂肪の吸収が抑えられる。

また、マグネシウムは、腸を刺激して便通をよくするという。

食べる前に飲むか、食べながら飲むのが良い。

熱中症対策には軟水

熱中症対策には軟水のほうがよい。

硬水より軟水のほうが、吸収されやすい。

夏場の水分補給により良いのは冷水

水分補給をするときの水の温度は、気温が高い夏場においては白湯よりも冷水。

夏場の水分補給は5~15℃が利用。

温かい水よりも冷水は胃腸への刺激が強く、胃腸が活発になって水の吸収率が上がる。

秋から冬は、体が冷えるので白湯のほうがよい。

歳をとると水分量が少なる一つの原因は筋肉量の減少

歳をとると水分量が少なる原因のひとつは、筋肉量の変化だと言われている。

筋力にはたっぷりと水分が含まれているので、筋肉が減ってくると必然的に水分量が減ってくる。

水分が減ることで歳をとるのでは?

馬渕先生によると、歳をとるから水分が減っていくというよりは、水分が減ることによっていろんな機能が低下して歳をとるのではないかなとも。

水分をとっていれば歳をとりにくく、そのためには水分をためる部分も必要なので適度な筋肉も必要という。

このあと、入浴時や就寝時の水分のとりかたが紹介された。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント