世界一受けたい授業 朝・昼・夜の夏の日常に潜む危険

夏は時間帯によって、さまざまな病気の危険が急増する。

8月18日の「世界一受けたい授業」で、夏にひそむ危険が、朝・昼・夜の時間帯別に紹介された。

教えてくれたのは、日本医科大学の横田裕行教授。

スポンサーリンク

夏の朝の危険「脱水症状」

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインは利尿作用が高いため、脱水症状を引き起こす危険がある。

夏の朝は、麦茶などミネラルが含まれ飲み物もいっしょに飲む。

寝る前と起きた後の体重に注意

脱水症状に早く気付くためのポイントとして紹介されたのが、夜寝る前と朝起きたときの体重の変化。

体重が1%以上減っていると、脱水状態の可能性がある。

寝室の温度を下げたり、寝る前にコップ一杯の水分を摂るなど、脱水対策を心がける。

筋肉の少ない人は脱水症状を起こしやすい

筋肉の少ない人は脱水症状起こしやすい。

筋肉は約75%が水分でできている。

体の水分を一番貯められる重要な貯水庫でもある。筋肉が少ないと体内に蓄えられる水分量が少なくなるので、結果的に脱水症状起こしやすくなる。


スポンサーリンク

死に至る危険性もある昼の危険「脳梗塞」

長時間座ることで急増するのが夏血栓。

夏は血中の水分が少なくなり、血液がドロドロになりがち。

すると夏血栓が急増し、脳梗塞の危険が高まってしまう。

長時間座っていると、血の塊が血管に詰まって血栓ができてしまう。

30分に一度立って、かかとの上げ下げを行ったり、足踏みをして下半身の血流を促す。

夏の夜の危険「心筋梗塞」にビタミンD

心筋梗塞の発症が抑えてくれる効果が期待できるのはビタミンD。

ビタミンDは、日光浴びることによって体内で作られる。

そのため暑いからといって日中に日光浴びないと、その日の夜に心筋梗塞のリスクが高くなってしまう。

最低でも、1日3分は日光浴びる。

当然、帽子やサングラスなど紫外線対策をして外出する。

心筋梗塞に効果的な栄養素・マグネシウム

国立がん研究センターが去年9月に発表した、心筋梗塞に効果的という栄養素がマグネシウム。

豆腐や海藻などに多く含まれるマグネシウムは、動脈硬化・高血圧を抑制し、心筋梗塞をはじめとする心疾患になるリスクを約30%減少させることがわかったという。

マグネシウムを含む豆腐や海藻とあわして、ビタミンDを多く含むサケ、血液循環を改善させるゴマを食べるのがオススメ。

突然意識を失った人への対処法

夏は熱中症や脱水症が原因で、突然意識を失い倒れる人が多い。

突然意識を失った人への対処法が紹介。

すぐに周りに助けを呼ぶ

安全な場所に移動して、意識があるか確認したら、すぐに助けを呼ぶ。

意識を失った人の介助は、とても大変。

救急車の連絡や道路の安全確認など、やることがたくさんあり、すぐに周りの人に助けを求めて、出来る限り1人では行わない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ