教えてくれる前と後 知らないとコワイ座りすぎ 30分に1回立つか貧乏ゆすり

8月14日の「教えてくれる前と後」で『知らないとコワイ』こととして、座りすぎが紹介。

1時間以上座り続けると寿命が縮むと言う。

誰でもできる、簡単な座りすぎリセット方法が紹介された。

教えてくれたのは、早稲田大学スポーツ科学学術院の岡浩一朗教授。

スポンサーリンク

特に座り続けることが危険

例えば、オーストラリアの調査によると、1時間座り続けると余命が22分短くなるという。

池谷医院の池谷敏郎院長によると、椅子に座ったり正座をしたりして曲げているような状況になると、静脈の血流が落ちてしまう。

番組の中の実験では、座って10分で血流が止まってしまった女性も。

座るだけで血流が滞る?

どうして座るだけでこんなに血流が滞るのか?

脚の静脈は、筋力を動かすことで血液が流れる仕組み。

脚の筋肉を動かすことによるポンプの働きで、血液が返ってくる。

脚を動かさないと、血流が滞ってしまう。


スポンサーリンク

血液の流れがとまると血栓ができやすく

流れが止まると、血液が固まりやすくなる。

そして血栓と言う塊を生む。

血栓が肺や脳・心臓に飛べば、血管が詰まり突然死さえ起こりかねない。

座りすぎのリセット方法

座りすぎている人に、今すぐできる改善方法が紹介。

30分に1回立ち上げる

それは30分に1回立ち上がること。

池谷先生によると、30分に1回程度立ち上がって2~3分動くだけでも脚の筋肉は動くので、血流の改善に役立つ。

立ち上がれないときは貧乏ゆすり

さらに、座ったままできるリセット法として紹介されたのが、貧乏ゆすり。

かかとが上がって運動になる。

座っているときは、30分に1回貧乏ゆすりをする。

左右均等に動かすのがポイントとのこと。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ