加圧型骨盤矯正ガードル・ヴィーナスカーブは夏冷えにどう?

Amazonの補正ショーツ・ガードル部門でベストセラー1位の加圧型骨盤矯正ガードル「ヴィーナスカーブ

履いたその時だけ補正されるガードルではなく、履いているうちに骨盤のゆがみを矯正して、理想的な体型に近づけてくれるという。

夏休みの宿題と健康管理とライザップ

スポンサーリンク

夏のカラダの不調第1位の冷えを撃退?

埼玉県熊谷市では日本の歴代最高気温となる41.1℃を記録するなど、異常な暑さで熱中症に対する注意が叫ばれているが、一方で女性の夏のカラダの不調として大きな悩みが冷え症。

8月2日放送のくりーむししゅーのハナタカ!優越館でも、夏に女性が感じるカラダの不調ランキングで、つかれや倦怠感などを抑えてワースト1位。

そのなかで医師の日比野佐和子先生が手足の冷えの改善策として、カーディガンなどをお腹に巻くようにかけることを提案していたが、これを見て思ったのが、わざわざ羽織るくらいならば最初からヴィーナスカーブを着用しておけば良さそうということ。

サーモ機能で血行促進

ヴィーナスカーブのサーモ機能で、体温を上昇させ、代謝アップに血行促進が期待できるという。

本来の使いかたとしては就寝中に着用するようだが、寝苦しいこの季節には結構無理がある。

逆に、クーラーで寒すぎるスーパーやオフィスに一日中拘束されるようならば、これは大きなチャンス。

夏冷えも解消されて、代謝もよくなって、本当はしたほうがよいけれども特に運動せずとも以前の体型や理想の体型に近づけるかも。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ