ハナタカ!夏の冷え性はお腹を温める

8月2日の「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」で、女性が夏に感じる不調ランキングが紹介。

その、1位は冷え。

大阪大学特任教授の日比野佐和子先生が、手足が寒く感じるときにどう体を温めたらよいか教えてくれた。

【関連記事】
ハナタカ!夏にオススメ5つの食材
加圧型骨盤矯正ガードル・ヴィーナスカーブは夏冷えにどう?

スポンサーリンク

夏冷えにはお腹を温める

お腹には太い血管が走っている。

そこを温めることで、血液の流れもよくなる。

体の中心部から温めることが、冷え性の予防につながる。

上着は羽織るよりお腹にかける

カーディガンやストールなどを羽織るよりも、お腹にかけたりして温めたほうがよい。

【関連記事】
たけしの家庭の医学 夏バテになりやすい下半身型冷え性にタマネギ、セロリ、シナモン
ごごナマ 助けて!きわめびと 夏バテ予防にクエン酸と重曹で炭酸風呂

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ