名医のTHE太鼓判!納豆は夜食べる 高血圧に酢納豆

7月30日の「名医のTHE太鼓判!」で、猛暑で突然死しない驚きの食材として納豆が紹介。

納豆に含まれるナットウキナーゼは、血管が詰まる原因となる血栓を溶かす。

そのナットウキナーゼがより効果を発揮する、納豆の食べ方などが紹介された。

名医のTHE太鼓判!EPA・DHA豊富なさばの水煮缶

スポンサーリンク

ナットウキナーゼは血栓を溶かす

ナットウキナーゼを発見した須見洋行先生によると、人の3分の1は血栓症か血の巡りが悪くなって死ぬ。それを予防できるのは納豆以外にない。

高血圧などで傷ついた血管を修復するかさぶたの血栓。

この血栓が血管から剥がれ詰まると、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす。

ナットウキナーゼは、突然死の引き金となるこの血栓を溶かすという。

ナットウキナーゼの効果を最大化させるポイント

納豆キナーゼの効果を最大限発揮させる方法のポイントは、食べ方と時間。

ナットウキナーゼは熱々ご飯では効果が下がる

ナットウキナーゼは高温になると、菌が効力を失ってしまう。

上限の目安は、およそ70℃。

炊き立てのご飯は80度ほどなので、熱々のご飯ではナットウキナーゼが活躍できない。

ご飯を冷え冷えにする必要はないが、50℃以上だとナットウキナーゼが変性する可能性がある。

炊きたてのご飯は、一回かき混ぜると60~70℃くらいになる。

さらに、よそうときにい少しほぐすと50℃以下になるという。

納豆チャーハンではナットウキナーゼは全滅。

カレーのトッピングもナットウキナーゼの効果は下がる。

効果的な食べ方は、そのまま食べるか冷たいものと合わせて食べる。

納豆は常温で20分放置

納豆は冷蔵庫から出し20分常温で放置すると、ナットウキナーゼが活性化する。

粘りやうま味も増すという。


スポンサーリンク

納豆は夜食べる

血栓は寝ている間にできやすいので、納豆は夜食べた方が良い。

ナットウキナーゼは食後4時間で効果を発揮し始め、8時間程度持続する。

そのため、夜7時に納豆を食べると11時ごろから活性化し、寝ている間ずっと効果を得られる。

就寝中は、水分を失い血液がドロドロになり、血栓ができやすい。

血栓対策のためにも、納豆は夜がオススメ。

酢納豆

高血圧対策として、納豆1パックに酢を小さじ2杯加える酢納豆が紹介。

酢に含まれる酢酸が血圧上昇を防ぎ、納豆と酢のダブルの働きで血管を若返らせるという。

かき混ぜて、メレンゲのようにふわとろ感を出す。

しょう油の代わりに酢を入れることで、減塩効果もある。

酢納豆に卵を入れるときは、黄身だけにする。

白身には、納豆のビオチンという栄養成分の吸収を阻害してしまう。

塩昆布納豆にちょっとだけリンゴ酢を混ぜてみた

酢が苦手で、あまっているリンゴ酢があったので、塩昆布とアマニ油をトッピングしている納豆にリンゴ酢を小さじ半分くらいだけ混ぜてみた。

納豆はかき混ぜない派だが、リンゴ酢が全体になじむくらいにはかき混ぜてみた。

これくらいの量だと、かかっているかどうかすらわからないので、小さじ1杯くらいにして試してみて、それでも大丈夫そうだったら番組で推奨されていた小さじ2杯にもっと近づけてみよう。

【関連記事】
今でしょ!講座 納豆の力を徹底解明 血管に良いトッピングはネギかチーズ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ