初耳学 ノンオイルドレッシングはダイエットに効果なし

7月29日の「林先生が驚く!初耳学」で、ノンオイルドレッシングはダイエットに効果がないということが紹介。

ノンオイルドレッシングはカロリーが低いため、ダイエット中の女性にも人気だが、ノンオイルドレッシングはダイエットに効果がないという。

結論的には、確かにオイルは無いが、それを補う糖分が一般的なオイルの3倍以上含まれているから。

解説してくれたのは、帝京短期大学の遠藤道代教授。

夏休みの宿題と健康管理とライザップ

スポンサーリンク

なぜダイエットに効果がないのか?

ポイントとなるのはカロリーより、糖分。

ノンオイルドレッシングは、油を入れないので、コクのない単調な味になってしまう。

そのため、味を補うために入れられるのが「ぶどう糖果糖液糖」

ぶどう糖果糖液糖は、主にトウモロコシから作られる調味料。

糖分の一種であるため、これを使うノンオイルドレッシングは、一般的なドレッシングよりも糖分が3倍以上含まれている。

そのため、むしろ摂取する糖分が多くなってしまって、太ってしまう。

カロリーが低くても、糖質が多いため血糖値が上昇。

その結果、脂肪がつき、太りやすくなってしまう。

ぶどう糖果糖液糖って?

「ぶどう糖」や「果糖」なら化学で習うが、「ぶどう糖果糖液糖」って、結局何?

サントリーのサイトに簡単だが、わかりやすく書かれている。

「液糖」というのが、液状の糖。

でんぷんを加水分解したもので、ぶどう糖が果糖より多いと「ぶどう糖果糖液糖」、果糖がぶどう糖より多いと「果糖ぶどう糖液糖」というのだそう。

【参考】
「ぶどう糖果糖液糖」とはなんですか?| サントリーお客様センター

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ