たけしの家庭の医学 血管の老化を防ぐ自宅で冷たい炭酸風呂入浴法

大量の発汗による脱水は、血管の老化をすすめ恐ろしい脳梗塞を招く。

脳梗塞は、夏も、冬と同じくらい発生する。

酷暑の夏は、血管の老化にとっても深刻。

7月24日の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、暑い夏だからこそ血管の老化を防ぐことができる、自宅での入浴方法が紹介された。

解説してくれたのは、国際医療福祉大学の前田眞治先生。

【関連記事】
たけしの家庭の医学 肝臓老化ストップ栄養素「ビタミンE」
たけしの家庭の医学 背骨のS字回復&つまづき・転倒予防に「巻きタオル」

スポンサーリンク

炭酸泉

夏に血管を若返らせる前田先生のオススメの温泉地が、和歌山県の花山温泉。

花山温泉には、二酸化炭素が入った炭酸泉があり、しかもプールの水と同じ程度の冷たさという。

温泉に溶け込んでいる二酸化炭素は、入浴すると簡単に皮膚を通過し毛細血管に入る。

すると毛細血管は、侵入してきた二酸化炭素を排出しようと血管を広げる物質をまわりの細胞から分泌。

こうして、全身の血管が広がり、血液の流れがスムーズに。

すると、血圧の上昇が抑えられるため、血管の老化防止、ひいては血管の若返りの効果も期待できると考えられている。

冷たい炭酸泉のさらなる利点

炭酸泉は、温かい温泉でも効果が期待できるが、冷たい炭酸泉は2つの大きな利点がある。

冷たいお湯のほうが炭酸濃度が高い

温度が低ければ低いほど、炭酸の濃度が高い。

温度が高いと溶け込んだ炭酸が、抜けて気化してしまう。


スポンサーリンク

ぬるいお湯で長く入れる

真夏に冷たい炭酸泉は気持ちがよい。

ゆっくり長く入れると、溶け込んでいる炭酸をさらにたくさん取り入れられるので、血流をスムーズにする効果がより高くなる。

自宅でできる血管の老化防止入浴法

市販の炭酸入浴剤でも、炭酸の効果で血管拡張は起こる。

冷たい炭酸泉のポイントを活かした、自宅のお風呂でできる血管の老化防止入浴法は

(1)一番低い温度にしてお湯をはる

(2)お湯をはってから、さらに1~2時間待つ

(3)手で触ってちょっと冷たさを感じる33~35℃が適温

これより低い温度にすると、寒冷刺激により逆に血管を収縮させてしまう可能性があるので注意。

(4)あとは、市販の炭酸入浴剤を決められた分量入れる

お風呂に浸かる時間は、炭酸をより多く摂りこむため、長めの20分がおすすめ。

試してみると37℃でも長湯してしまう

炭酸入浴剤はすでにあるので、給湯器を普段の42℃からもっとも低い37℃にして試してみた。

お湯をはってから1時間待つというのは省いたが、ぬるいと確かに長く入ってしまう。

疲れているときだと、そのまま寝てしまうかも?

あと、血流が普段より良くなるのか、風呂から上がったあとに体が覚めるまでにいつもの倍くらい(?)時間がかかるような感じだった。

毛細血管には良い事なのだろうが、ゆっくりとした夜の時間を確保するのがむずかしいかも。

【関連記事】
あさイチ 大ブームの炭酸水徹底活用術 炭酸風呂はシュワシュワが消えてから
ごごナマ 助けて!きわめびと 夏バテ予防にクエン酸と重曹で炭酸風呂

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・たけしの家庭の医学 血管の老化を防ぐ自宅で冷たい炭酸風呂入浴法 […]