ホンマでっか!?TV 夏の危ない習慣 暑さの情報を知っているほど熱中症に?

7月18日の「ホンマでっか!?TV」で、夏の危ない習慣が紹介。

暑さの情報をニュースで何度も仕入れるほど、熱中症になりやすいという。

【関連記事】
ホンマでっか!?TV 食べ物のパックは行うべきではない

スポンサーリンク

肌の露出が多いほど脱水症状になりやすい

疲労評論家の梶本修身先生によると、直射日光が肌にあたると、どうしてもその分熱を持ってしまう。

そうすると、冷やすために汗をかくが、すぐに蒸発してしまう。

そのため、まだ汗をかこうとして、結果的に脱水症状になってしまう。

長袖の場合はすぐ蒸発しない

肌の露出の少ない長袖は、汗もほどほどで、かいた汗もすぐに蒸発しない。

夏は、風通しのよい長袖長ズボンが良い。

暑さの情報を知っているほうが熱中症になりやすい

心理評論家の植木理恵先生によると、知識が体の準備をするということがよくある。

「きょうは暑い」「きょうは湿度が高い」ということを知っているグループのほうが、熱中症のリスクが高いという。

知識が先にあって、それから体の器の準備ができる。

知識をあまり仕入れすぎるとよくない。

1日にインターネットなどで何回も天気予報を確認すると、余計に具合が悪くなりやすいという。

暑いと「暑い」と「頭にくる」の区別がつかない

植木先生によると、暑いという気持ちと頭にくるという気持ちは、ほぼ区別がつかないという。

28.4℃以上になると、不要な口論が増加する傾向がある。

暑いというイライラと、頭にくるというイライラの区別が、意外とついていない。

「寒い」と「不安」も、区別がつかない傾向があるという。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ