あさイチ「クイズとくもり きゅうり」新鮮なきゅうりの見分けかた、きゅうりの栄養素

7月10日の「あさイチ」『クイズとくもり』のテーマは、きゅうり。

そのなかから、新鮮なきゅうりの見分けときゅうりの栄養素を確認しておこう。

スポンサーリンク

新鮮なきゅうりの見分け方

イボやトゲが多いほど新鮮

イボが触ると痛いくらいのがあると良い。

イボやトゲは収穫してからしばらく経つと、自然に取れてしまう。

また、時間がたつほど水分もどんどん抜けていく。

イボやトゲが多いほど、新鮮でみずみずしい。

トゲ以外の見分けかた

トゲが少なくなったあとに、きゅうりの鮮度を見分ける方法が紹介。

注目すべきは、きゅうりの先っぽ。

鮮度が落ちると、下が膨らんでくる。

きゅうりは、下のほうに栄養分を送ろうとする性質があるので、時間が経つと先っぽが膨らんでくる。


スポンサーリンク

きゅうりの栄養素

きゅうりは、95%が水分。

女子栄養大学の蒲池桂子先生によると、残りの5%にいろいろな効能があるという。

ホスホリパーゼという、脂質を分解する酵素が含まれている。

カリウムも豊富で、熱中症の予防になる。

そして、もうひとつ、蒲池さんが注目しているというのがククルビタシン。

まだ研究段階ではあるが、ククルビタシンは、腫瘍を小さくするという抗がん作用もみられるという。

ククルビタシンは、ヘタの部分に多く含まれる。

きゅうりのヘタは独特の苦味があり、捨ててしまう人も多い。

その苦味の正体が、ククルビタシン。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ