あしたも晴れ!人生レシピ かむ力 鍛えて健康!

6月22日のNHK「あしたも晴れ!人生レシピ」は『かむ力 鍛えて健康!』と題して、口の噛む力について。

噛む力を養う料理の仕方や、予防に役立つ口の体操などが紹介された。

解説してくれたのは、東京都健康長寿医療センターの平野浩彦先生。

スポンサーリンク

口の衰えの原因は柔らかいものに偏った食生活

舌には、噛み砕いた食べ物を喉に送りこむ働きがある。

噛む力と全身の筋力低下、ガスを噛まれているように見えるが歳だから柔らかいものでいいんだと言う気持ちが悪いスパイラルを作る。

噛めないと、どうしても柔らかいものに手を出す。そうすると噛む力が落ち、噛む力が落ちるとほんとに食べられなくなり栄養状態も悪くなる栄養状態が悪くなると全身の機能低下につながる。

お口の衰え セルフチェック

・自分の歯が20本未満である
・会話中に相手から聞き返されるようになった
・奥歯でしっかり噛めない
・舌の動きが鈍くなった
・半年前と比べて、硬いものが噛みにくくなった
・お茶や汁物でむせることがある

3つ以上あてはまると要注意。

特に、奥歯でしっかり噛めていることが大切。

口を動かしているのは筋肉。

代表的なのは、咬筋と側頭筋。

口の衰えを防ぐには?

口の衰えを防ぐ、料理の工夫が紹介。

(1)材料を大きく切る・・・同じ食材でも切り方を変えると、噛み応えが増し、噛む回数が増える。

(2)複数の食材を組み合わせる・・・小松菜のおひたしならば、小松菜にキャベツやゴマなどを加える。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ