この差って何ですか?水虫になりやすい人と水虫になりにくい人の差

6月12日の「この差って何ですか?」で、水虫になりやすい人となりにくい人の差が紹介。

水虫菌は高温多湿の時期になると活発になり、増殖し始める。

帝京大学大学院の安部茂教授が、水虫対策で多くの人が勘違いしている4つのポイントを解説してくれた。

スポンサーリンク

水虫になりにくい足の洗い方

足の洗い方によって、水虫になりやすくなってしまうという。

24時間に以内にそっと手で洗う

水虫になりにくい洗いかたは、ナイロンタオルでゴシゴシ洗うのではなく、そっと手で洗うこと。

そもそも水虫は、足の裏に付着した水虫菌が24時間ほどかけて角質層のなかに侵入すること起きるが、水虫筋は水に弱い。

24時間以内によく洗えば、感染することはない。

ゴシゴシ洗うと傷から水虫菌が侵入

ナイロンタオルでゴシゴシ洗ってしまうと、目に見えない傷が多数ついてしまい、そこに水虫菌が入ると侵入する時間が約半分の12時間ぐらいになってしまう。

水虫になりにくい靴の手入れ

この時期、靴を不潔にしていると、靴のなかには大量お水虫菌がいる。

スニーカーなど水で洗える靴は洗うのが最も効果的だが、洗えない革靴の手入れはどうすればよいのか?

水虫菌は熱に弱い

水虫にならないためには、除菌スプレーより靴乾燥機が効果的。

水虫菌は熱に弱く、42℃以上で死に始める。

靴乾燥機は、靴のなかを44℃まで靴のなかを温めることができるという。

この状態を20分ほどキープすると、線維のなかにいる水虫菌も死滅させることができる。

除菌スプレーは、靴の臭いが気になるときには効果があるが、水虫菌に関してはかかったところだけしか除菌されない。


スポンサーリンク

レモングラスのアロマオイルをして一晩密閉

レモングラスのアロマオイルに含まれるシトラールという物質が、水虫菌を非常に強く殺す。

具体的には、ティッシュにアロマオイルを数的しみ込ませて、靴の中に入れる。

アルミホイルかなにかで蓋をして一晩おく

すると、靴のなかでアロマオイルが蒸発し、24時間以内に水虫菌が死んでいく。

家での過ごし方

たとえ家族に水虫菌を持っている人がいなくても、水虫菌を持つ人が家の中に入ってくると水虫菌が床について増殖し、知らない間に家中が水虫菌だらけになってしまうこともある。

水虫菌は靴下を通りぬけ、蒸れた環境で一気に増殖

水虫に効果的な家での過ごし方は、靴下を履いて過ごすのではなく、裸足で過ごすこと。

裸足のほうが足につく水虫菌は多いが、足が乾燥していると菌が侵入しない。

一方、靴下を履いていると、水虫菌は小さな粒子になっているので、線維のところを通り抜けて靴下のなかに侵入。

そして、靴下の中はとても蒸れやすいので、水虫菌が一気に増殖する。

さらに、蒸れた状態だと水虫菌は活発になり、ケラチナーゼという角質層を溶かす酵素を出し、どんどん角質層のなかに侵入していく。

脱衣場の掃除の仕方

掃除の仕方によって水虫になりやすくなってしまう。

水虫になりにくい脱衣場の掃除の仕方は、フロアワイパーをかけるのではなく、掃除機をかけること。

水虫菌は軽くて、フロアワイパーだと舞い上がってしまう。

掃除機で吸い込むのが効果的。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ