助けて!きわめびと 男の更年期 気づきと対処法を知ろう!

NHK「助けて!きわめびと」で、『夫の不調』と題して、男性の更年期障害が取り上げられた。

40歳を過ぎてからのイライラ、無気力、発汗、不眠などの原因不明の調子の悪さは、男性更年期のせいかもしれないという。

40歳以上の男性のうち、6人に1人が該当すると言われている。

女性だけでなく、男性にも更年期がある。

順天堂大学医学部附属浦安病院の辻村晃先生が、気づいてサポート、接し方でサポート、生活習慣でサポートの3つの極意を紹介してくれた。

スポンサーリンク

気づいてサポート

以前よりも怒りっぽくなったなど、自分自身よりも家族が気づくことの方が多い。

男性更年期にどんな症状があるのかを、家族が知っておくことが望ましい。

男性更年期の代表的な症状

・頭痛
・イライラ
・無気力
これらの精神的な症状がメインになることが多い。

・不眠
・発汗・・・暑い寒いが他の人とあわず、一人だけ汗をかく
・メタボ
・頻尿
・性機能低下

男性ホルモンはゆるやかに減少

男性ホルモンのテストステロンは、20歳ごろをピークに徐々に減ってくるので、どこで更年期の症状が出てくるかは人によってそれぞれ。

男性更年期はおちついてくる人もいるし、適切な処置により改善する人も多い。

男性ホルモンはみんなゆるやかに落ちてくるが、だからといってすべての人が更年期の症状が出るわけではない。

気づかないと・・・

男性ホルモンの95%はテストステロン。

このテストステロンは、骨・筋肉・血液や精子を作り、やる気や判断力も高める。

更年期に気づかないでいると、特に多いのがメタボになるという。

メタボになると、高血圧にも高血糖にもなりやすく、コレステロールが上がり動脈硬化になり、狭心症や心筋梗塞につながり得る。

男性更年期チェーンシート

(1)いつもなんとなく調子が悪そう
(2)よく体の節々が痛いと言う
(3)やたらと汗をかく
(4)寝つきが悪い、または頻繁に眠そう
(5)最近メタボ腹がひどくなった
(6)新聞が読めなくなった・・・視力が悪くなるのではなく、新聞を読もうとするとある程度集中力が必要。疲れが出ていると新聞をうまく読めない。
(7)しょっちゅうイライラしている
(8)不安を口にすることが多くなった
(9)ひげの伸びが遅くなった
(10)男性機能の低下

3つ以上あてはまって日常生活に影響がでるようだと、要注意。

接し方でサポート

家族の接し方次第で、症状がよくなったりもするという。

無理強いはしず、しっかり聞いてあげる

気持ちが内向きになっていると、更年期の症状もどんどん進んでしまう。

人と話をしたり、外に出ると男性ホルモンも上がってくると言われている。

そうすると、家庭のなかで一番の理解者である奥様といろいろ話をすることで、男性ホルモンが高まって症状が取れてくると考えられる。

夫の話を流さずに、寄り添って聞いてあげることが大事。

生活習慣でサポート

男性ホルモン・テストステロンをできるだけ高めるような、生活習慣を心がける。

ほどほどな運動をする

長時間の運動や激しい運動は、男性ホルモンを消費してしまう。

ほどほどのジョギングやスクワットなどを、定期的にする。

たまねぎ、にんにく、肉、魚や、亜鉛を含んだカキやうなぎなど、男性ホルモンを摂取して軽い運動を毎日するのがよい。

カラオケがオススメ

カラオケで人と競り合ったり、ほめられると良い。

ただし、スナックとかで、お酒を飲みながら夜おそくまでカラオケするのは、かえってマイナス。

異性と接する

人と接することは、非常に男性ホルモンを高めるのに良いが、特に異性と話をすることで男性ホルモンが高まる。

奥さんと手をつないでデートなどをする。

夜ふかしをしない

寝ている間に、男性ホルモンを分泌する準備ができ、朝起きたときに分泌される。

睡眠が少ないと男性ホルモンが少なくなるので、しっかり寝たほうが良い。

病院は泌尿器科

病院で受診する場合は、前もって確認をしてから泌尿器科に行く。

血液中の男性ホルモンのチェックをして、男性ホルモンが少なくなってしないかを調べる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ