主治医が見つかる診療所 腸内環境をよくするヨーグルトの食べ方

スポンサーリンク

5月30日の「主治医が見つかる診療所」で、腸内環境をよくする極意が紹介。

腸内環境チェックのあと、ヨーグルトのより健康効果の高い食べ方が紹介された。

【関連記事】
主治医が見つかる診療所 ズボラ腸活 サゴハチ漬け 寒天入り雑穀米

腸内環境チェック

・便利や下痢が多い
・便の色が黒っぽいことが多い
・排便の時間が3分以上かかる
・肌荒れや吹き出物が多い
・おならが臭いと言われる
・運動不足だと思う
・肉が大好き
・野菜をあまり食べない
・タバコを吸う
・お酒をたくさん飲む

10項目のうり4個以上あてはまると、腸内環境が悪い可能性がある。

6個以上あると、劣悪な腸内環境になっていると考えられるという。

ヨーグルトの損しない食べ方

冷蔵庫から出してすぐに食べるのは、実はもったいない。

ヨーグルトの選びかたや食べるタイミングなどを、東北大学農学部の齋藤忠夫先生が教えてくれた。

乳酸菌が腸に届くと、善玉菌が増えて悪玉菌が減り腸内環境がよくなって、さらに、肥満が解消されたり美肌効果も期待できる。

[ads]

ヨーグルトの選びかた

ヨーグルトはどれを選んでもよい。

どんなヨーグルトにも1mlあたり1000万個以上の乳酸菌が入っている。

ヨーグルトを食べるタイミング

ヨーグルトを食べるのは、食前よりも食後のほうが良い。

胃酸によって乳酸菌は死にやすい。

食前に食べると、多くの乳酸菌が胃で死んでしまう。

食後に食べると、食べたもので胃酸が薄まっているので、乳酸菌が生きたまま腸に届きやすい。

ヨーグルトの保存法

冷蔵庫のなかにおいておくと乳酸菌は増えない。

朝食べる場合は、一晩常温にしておくと乳酸菌の数が増える。

食べかけの場合はラップなどでしっかり密封して、雑菌が入らないようにする。

ヨーグルトのパワーアップ

カレーにヨーグルトをあと乗せする。

カレーの熱ですこし温めて食べたほうが、乳酸菌が活性化し健康効果が上がる。

40℃くらいが適温。ただし50℃を超えるとみんな死んでしまう。

ハンバーグのソースや、スパゲッティミートソースにかけてみる。

自分にあったヨーグルトの選び方

秋津先生によると、ある一つのメーカーのヨーグルトを2週間続けて食べること。

ウンチがくさくなく、便の調子があってくれば、自分にあっているという。

リンゴホットヨーグルトの作り方

さらに、秋津先生がおすすめというリンゴホットヨーグルトの作り方を教えてくれた。

(1)リンゴを皮ごとざく切りにして、700Wの電子レンジで30秒ほど温める

(2)温めたリンゴをヨーグルトと混ぜる

コメント

タイトルとURLをコピーしました