名医のTHE太鼓判! 健康腸寿の決め手!腸寿フローラを手に入れろSP ヤセ菌を増やすゴボウチョコレート

スポンサーリンク

5月28日の「名医のTHE太鼓判!」は、『腸こそ健康腸寿の決め手!腸寿フローラを手に入れろSP』と題して、便秘な腸内環境がテーマ。

腸に悩む芸能人を徹底調査。少食でも便秘になったりする。

腸内フローラの検査も行われ、ヤセ菌を増やすというお菓子も紹介された。

少食で運動不足の人は下がり腸の危険

20年間便秘というゲストの小倉優子さんは、筋肉量がすくなく、食べる量が少ない。

少食でやせた女性に多いのが、直腸が下がる下がり腸。

便がないのにいきんでしまうと、お尻がむくむが、むくんだのを頭は便だと思ってしまうという。

そして、またトイレに行き、でないのでいきむのを繰り返すと、骨盤の底の筋肉と一緒に腸がさがってきて、腸に角度がついて、いきんでも余計でなくなってしまう。

腸は周りの筋肉や脂肪で支えられているので、筋力が弱いと支えられずに腸が下がる。

運動しなあいから、筋力が弱って、下がり腸になってしまう。

ゴボウチョコレート

デブ菌を減らしてヤセ菌を増やすお菓子として「ゴボウチョコレート」が紹介。

ゴボウにはイヌリンという食物繊維とオリゴ糖が豊富。

また、高カカオのチョコレートを食べると、腸内で短鎖脂肪酸を増やす菌を増やすことができる。

ゴボウチョコレートのつくりかたは

(1)皮を剥いたゴボウを5センチほどにカット

(2)縦に細切りにする

(3)砂糖水にゴボウを入れて、10分間茹でる

(4)溶かしたチョコレートにつけて冷やして固めると出来上がり

[ads]

便秘薬は飲み方を間違うと逆効果

刺激性の便秘薬を飲みすぎると、腸の中がどす黒くなって、腸の動きがますます悪くなってしまう。

便秘薬の正しい服用順は

(1)参加マグネシウム中心の薬

(2)病院で処方される便を柔らかくする薬

(3)刺激性の薬

の順。

便秘薬は症状に応じて使い方が変わるので、医師によく相談する。

腸ストレッチ

腰回りやおなか周りの筋肉の大腰筋・腸腰筋を合わせて腸腰筋というが、ここを鍛えることによって便をしっかり押し出す力をつける。

大竹真一郎先生が、そのための腸ストレッチを教えてくれた。

そのやりかたは

(1)椅子にすわり片手をふとももの5センチほど上にもっていく

(2)約2秒かけて手のところまで、息を吐きながら足を上げる

(3)約2秒かけて息を吸いながら、足を下げる

逆の足でも同じように行う。

1日1分間、5セット行う。

便秘の人が勘違いしやすい食材

食物繊維には不溶性と水溶性の2種類がある。

便秘の人は、便を柔らかくしてくれる水溶性食物繊維を摂る。

不溶性食物繊維の多いキャベツやレタスは、便が詰まってしまう。

水溶性食物繊維が多いのは、レタスよりもサニーレタス、他には、アボカド、おくら、ゴボウなど。

野菜以外では、納豆。これにオリーブオイルをちょい足しする。

オリーブオイルは腸を刺激して排便を促し、便秘解消の効果が期待できるという。

ポリープができやすい体質

大腸ポリープができやすい人は、運動不足の人。運動不足だと、腸の動きが不活発になり、その結果ポリープができやすくなるのではという。

フラフープや大声での歌

腸寿美人として、女優の音無美紀子の日常が紹介。

毎日5分フラフープを回して体幹やいろんな筋肉が鍛えられる。

また、大きな声で歌をうたうとストレス発散だけでなく、腹筋なども鍛えられる。

排便困難型便秘

最近女性に急増しているのが、排便困難型便秘。

直腸に便がたまる便秘で、日ごろから便を我慢する女性に多い。

主な症状は、便意はあるが出なかったり、便が硬くなるなど。

従来の便秘対処法が効きづらいという、やっかいな便秘だという。

直腸にきた便はスムーズに出るのが普通だが、排便困難型便秘ではなかなか出ない。

排便困難柄のようなひどい便秘は、医師の診断のもと、正しい処置が必要となる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました