ガッテン!血糖値と物忘れの意外な関係はインスリンがカギ

スポンサーリンク

5月23日の「ガッテン!」は、『物忘れ&認知症を予防!“記憶物質”大発見SP』と題して、血糖値と物忘れの意外な関係がテーマ。

血糖値が高くなると物忘れしやすくなることは世界の研究で明らかになりつつあるという。

血糖値の高い人の脳では不思議なことが

血糖値の高い人の脳では、不思議なことが起こっている。

正常な人の脳では、1日に約100gの糖が消費される。

血糖値の高い状態が長く続いている人は、血糖値が高いのに脳は糖不足という不思議な状態に陥っている。

血糖値が高めの人は体にたっぷり糖があるはずなのに、なぜか脳は糖を取り込みづらい状態に。

特に、記憶を司る海馬の周辺で、糖不足が起こる。

原因はインスリン

脳の糖不足を引き起こすのは、インスリン。

甘いものを食べたりすると、消化されて血液中に糖が出て、血糖値が高い状態になる。

この糖を各細胞がエネルギーとして使うが、ただ糖があるだけでは、細胞はその糖を取り込むことはできない。

助けてくれるのは、すい臓から分泌されるホルモンのインスリン。

インスリンが細胞に働きかけて、初めて細胞は糖を取り込むことができる。

インスリンと物忘れの関係

インスリンともの忘れにどんな関係があるのか?

血糖値が高い状態が続くと、血液中にたくさん糖がある状態になるが、これは身体にとって非常に危険な状態。

放っておくと毛細血管が次々とだめになっていってしまう。

インスリンが糖を細胞へと取り込むように働いてくれるが、このとき、インスリンは脳よりも体を優先してしまうという。

脳に糖を取り込んでエネルギーにすることができない。

脳のなかでも特に糖を必要とする海馬の部分で、もっともダメージが顕著に出る。

それが物忘れの原因ではないかという研究が進んでいる。

物忘れには、覚えているのに名前の出てこない「アレアレ」タイプや、「すっかり抜け落ち」タイプがあるが、高血糖で起こりやすいのは「すっかり抜け落ち」タイプ。

HbA1cと食後血糖値に注意

血液検査のヘモグロビンA1c(HbA1c)の値が6.2%以上だと糖尿病予備軍だが、物忘れに関しては5.7%以上なら生活習慣を見直したほうがよい。

もうひとつ注意したいのが食後血糖値。ご飯を食べた2時間後の血糖値が140g/dL以上だと、脳でインスリンが機能していない可能性がある。

この食後血糖値は、市販の検査キットで測定が可能。

血糖値と認知症の関係

体のなかで消費されて脳にインスリンが届かないと、脳の神経細胞にダメージが出て死滅すると、認知症の原因になる。

可逆的な段階でどう血糖をコントロールできるかが、ポイントになる。

脳でインスリンを効きやすくするには

食事や運動など、生活習慣の改善がもっとも大切。

有酸素運動をしたり、野菜から先に食べるようにする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました