この差って何ですか 昔の健康常識と今の健康常識の差 耳かきは月に1回で良い

スポンサーリンク

5月22日の「この差ってなんですか」で、昔の健康常識と今の健康常識の差が紹介。

研究が進んだことで、大きく変化したことがたくさんある。

【関連記事】
この差って何ですか 昔と今の健康常識の差 早朝の運動はしてはいけない 傷口は湿ったままに
この差って何ですか 昔と今の健康常識の差 遠くを見ても緑のモノを見ても視力は良くならない
この差って何ですか 昔と今の健康常識の差 花粉症は治らなくない

1日に30品目は摂りすぎ

お茶の水健康長寿クリニックの白澤卓二先生によると、昔は健康のために1日に30品目食べるのがよいと言われていたが、今の健康常識では食品の数は関係ない。

1日に30品目を摂取していると、かなりの確率でカロリーオーバーになって、肥満や生活習慣病につながる。

1日に15品目ぐらいがおすすめ。

そうすると栄養バランスがよく、1日2000kcalを超えないくらいのカロリーに収まる。

耳かきは月に1回、入り口から1センチ

耳かきについての昔の間違った健康常識を、荏原病院の木村百合香先生が教えてくれた。

昔は耳かきはこまめにしたほうがよいと言われていたが、耳かきは月に1回でよい。

耳あかが溜まっているとかゆみが出たり不潔なので、こまめに耳かきをしたほうがよいと言われていた。

しかし、耳あかには殺菌作用や抗菌作用、表皮を保護する役目があるので、耳あかを取る必要はない。

耳あかは、放っておいても、自然に排出される。

耳のなかの皮膚は、鼓膜から外にベルトコンベアのようにゆっくり動いているので、耳あかは自然に外に押し出される。

耳かきのやりかた

気になる人は、月に一回耳かきをするのも良い。

そのやりかたは

(1)綿棒を水で濡らす

(2)耳の入り口から1センチ以内の内側をやさしくこする

だけでよい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました