名医のTHE太鼓判! 密着 血糖値72時間SP

5月7日の「名医のTHE太鼓判!」は、『密着 血糖値72時間SP』

総勢9人の芸能人が血糖値測定器を72時間装着し、高血糖がどんな影響を及ぼすのか解明するという。

【関連記事】
名医のTHE太鼓判!青山学院大学の強さの秘訣となる健康管理術

スポンサーリンク

正常は80~110

正常な人の血糖値は80~110で、食後は140が目安になる。

常に140を超え、下がらないのが高血糖。

様々な疾患を招く要因となる。

タバコが血糖値に与える影響

タバコは交換神経を刺激し、また、インスリンの働きを妨げるので、血糖値が上昇する。

血糖値スパイク

空腹時の血糖は正常だが、食後急上昇しそのあとまた正常値に戻ることを、血糖値スパイクという。

通常の健康診断では、空腹時のみの血糖値を測ることが多いので、異常値としてでないことがある。

血糖値スパイクは、様々な病気のリスクになることがわかってきていて、今すごく問題になっている。

長い空腹時間のあとのドカ食いも血糖値の急上昇の原因となる。

糖質不足の時間が長く続くと、体に入ってきた食物から休息に糖分を取り込もうとするため、通常より速いペースで糖質を吸収し、極端なスパイクを起こす。

空腹時間のめやすは6時間。それ以上空く場合は、アーモンドなどのナッツ類を間食にとり、過度な空腹を避ける。


スポンサーリンク

血糖値の下がりすぎもよくない

血糖が下がりすぎる低血糖になると、場合によっては、意識がもうろうとしたり、冷や汗をかいたり、危険な不整脈が起こったりすることもある。

ジェットコースター血糖

一日に血糖値の乱高下が繰り返される「ジェットコースター血糖」

普段それほど血糖値の高くない人が急上昇すると、これを下げようと大量のインスリンが分泌されるため、上昇と下降を繰り返すという。

その反応によって、逆に低血糖が起こってしまう「反応性低血糖」を引き起こす。

ハーバード式呼吸法

緊張をほぐす方法として紹介されたのが「ハーバード式呼吸法」

4.7.8呼吸法とともいう。

4秒かけて息を吸い、7秒止める。そのあと8秒かけてゆっくり息を吐き出す。

【関連記事】
世界一受けたい授業 毛細血管を健康に保つハーバード式呼吸法
ジョブチューン 血糖値スパイク予防に食物繊維・MX-フラクション豊富なマイタケ
ガッテン!骨ホルモン・オステオカルシンを増やす運動「かかと落とし」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント