世界一受けたい授業 間違ったストレス発散法とうつ病予防のバンザイストレッチ

5月5日の「世界一受けたい授業」は、日本に迫る7つの危機2時間SP。

その危機のひとつとして、うつ病が取り上げられた。

間違ったストレスの発散法と、ストレス発散のための簡単なストレッチが紹介された。

【関連記事】
世界一受けたい授業 デブ菌を減らす酢キャベツの作り方
世界一受けたい授業 日本に迫る7つの危機 男女関係
世界一受けたい授業 日本に迫る7つの危機 気象病
世界一受けたい授業 アルツハイマー病の新しい治療法「リコード法」

スポンサーリンク

野菜ばかり食べるとうつ病に?

うつ病を発症しやすい人の食生活として紹介されたのが、極端な野菜生活の食生活。

2017年、イギリスとアメリカの共同研究チームが、野菜中心の食生活の人のほうがうつ病を発症しやすいことを突き止めたという。

ベジタリアンは、肉などに含まれるビタミンB12の摂取量が少なく、それがうつ病につながると考えられている。

間違ったストレス発散法に注意

ストレス発散法するのに甘いものを食べ過ぎたり、お酒を過剰に飲んではいけない。

甘いものを食べて、血糖値を一時的に上げイライラを軽減してもダメ。

血糖値が下がると、また甘いものが欲しくなり、甘いものの食べ過ぎには注意が必要。

適量を食べて、血糖値を上手にコントロールする。

お酒を飲んでのストレス発散は、もってのほか。

アルコールは気分を高揚させるので、疲労感を消してくれるが、疲労そのものは解消できない。

逆に、肝臓や脳の細胞にダメージを与え、疲れやすくなってしまうので、ほどほどにする。


スポンサーリンク

ストレスを発散するバンザイストレッチ

うつの大敵であるストレスを発散する「バンザイストレッチ」が紹介。

そのやりかたは

(1)イスに浅く腰かける

(2)背筋を伸ばし、両手で後頭部を抱える

(3)そのまま、背もたれに肩甲骨の真ん中あたりを当てて、上体をゆっくりと後ろへ倒す

(4)そこから、両手で大きくバンザイをし、頭を反らして、大きく胸を開く

(5)その状態で20秒キープする

うつ病予防には、首回り、肩甲骨周りを伸ばすストレッチがよいとされている。。

ストレスを感じたら、このストレッチを3回行う。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] ・世界一受けたい授業 間違ったストレス発散法とうつ病予防のバンザイスト… ・世界一受けたい授業 日本に迫る7つの危機 気象病 […]