この差って何ですか 目に良いことと悪いことの差

4月10日の「この差って何ですか」で、目に良いことと悪いことの差が紹介。

一見、目にとって良さそうなことで、実は悪いことがたくさんあり、目にとって悪いことやらないと言うことで、90歳でも100歳でもよく見える目を保つことができるという。

教えてくれたのは、深作眼科院長の深作秀喜先生。

【関連記事】
この差って何ですか おしっこの色の差、おしっこの泡の差

スポンサーリンク

疲れたときに目を上下左右に動かさない

目が疲れたときにやってはいけないのは、目を上下左右に動かすこと。

目を激しく動かすと、網膜剥離になる危険がある。

目のなかには硝子体という、水を含んだ組織がある。

その周りに網膜がある。

目を激しく動かすと、硝子体が揺れて、網膜に貼っている枝が引っ張られて、網膜が破れてしまうことがある。

さらに、それが広がると、網膜剝離をおこしてしまう。

眉間のマッサージも目ではなく骨を

眉間のマッサージは目の疲れに効果的だが、眼球そのものではなく骨の部分をマッサージする。

目そのものを押したりマッサージしたりするのは、弱い力であってもたくさん重なると網膜が破ける可能性がある。

基本的に、目は触らない。

紫外線対策で濃いサングラスは避ける

色の濃いサングラスをかけると、薄いサングラスよりも白内障になるリスクがより高くなる。

目は光が入ると瞳孔の大きさが変わる。

瞳孔を大きくしたり小さくしたりして、目に入る光の量を調整している。

まわりが明るいと瞳孔を小さくして、光が入るのを少なくし、暗いと瞳孔を大きくして、光をたくさん入れようとする。

濃いサングラスは見える範囲が暗くなる。

暗くなると、光をたくさん入れようと瞳孔が広がる。

サングラスは、上や横から反射で光が入るので、大きく開いた瞳孔から紫外線の害が目に及んでしまう。

【関連記事】
教えてもらう前と後 肌の老化の8割は光老化から サングラスは色の薄いものを

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ