この差って何ですか?朝起きて腰が痛い人と痛くない人の差 寝たまま体操

2月27日の「この差って何ですか?」で、朝起きて腰が痛い人と痛くならない人の差が紹介。

日本人の4人に1人が悩まされている腰痛。

一日のなかでは、朝起きたときに腰が痛い人が圧倒的という。

なぜ、朝、腰が痛いのか? それは、寝相が良すぎること、すなわち寝返りができないこと。

解説してくれたのは、虎ノ門カイロプラクティック院の碓田拓磨院長。

スポンサーリンク

寝ている間に内臓が腰を圧迫

朝、腰の痛い人は、圧倒的に寝返りの回数が少ない。

仰向けで寝ていると、内臓が腰を圧迫して血管が押しつぶされるようになってしまう。

内臓と内臓脂肪は体重の4割を占めるが、腰にこの負担がかかる状態がずっと続いてしまう。

血管が押しつぶされることで筋肉が炎症を起こして、朝起きたときに腰が痛いということになってしまう。

寝返りを多く打つ人は、血管が圧迫される時間が短いので、筋肉が炎症を起こすこともなく、朝、腰が痛くならない。

横寝のときも、うつ伏せのどの体勢で寝るにしても、寝返りを多くうつことが大切。

なぜ寝返りの回数が少ない人がいるのか?

全身の筋肉がこわばってしまうと、寝返りをうちにくくなる。

寝返りをうちやすい体にするには、全身の筋肉を柔らかくする必要がある。

筋力が衰えた人でも、寝る前に45秒で肩と腰の筋肉をほぐすことのできる、簡単な寝たまま体操が紹介された。


スポンサーリンク

肩の筋肉をほぐす寝たまま体操

肩の筋肉をほぐす寝たまま体操のやりかたは、

(1)頭の後ろで指を組んで、ひじを立てる

(2)口から息をフーッと吐きながら、ひじを床にグーッと押し付けていく。

(3)ひじを広げたまま5秒間キープ

(4)ひじを立てて、このストレッチを合計5回行う。

腰の筋肉をほぐす寝たまま体操

(1)片足を立て、体の反対側に置く

(2)足を倒しながら、体をゆっくりひねる

このとき、腰の筋肉を伸ばすように意識する。

10秒キープしたら、反対側も同じように行う。

【関連記事】
その原因、Xにあり!寝起き腰痛は寝返りしにくい睡眠環境に。玄関マットとタオルケットの寝返り枕

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・この差って何ですか?朝起きて腰が痛い人と痛くない人の差 寝たまま体操 […]