今でしょ!講座 つまずきの4つの原因とつまずかない歩きかた

2gatu 13nitiの「林修の今でしょ!講座」後半は、歩き方と靴の減り方で分かる つまずかない!100歳でも元気に歩くSP。

健康長寿の歩き方には、つまずき防止や認知症予防の秘密が隠れているという。

つまずきの4つの原因と、健康長寿の人たちの歩きかたから、つまずかずに歩く方法が紹介された。

教えてくれたのは、東京警察病院の澤田彰史先生。

【関連記事】
今でしょ!講座 健康長寿が冬によく食べる、食物繊維豊富なきんぴらごぼう
今でしょ!講座 健康長寿が冬によく食べるロールキャベツ
今でしょ!講座 おでんは食物繊維のバイキング
今でしょ!講座 靴のすり減り方で体の歪みが分かる

スポンサーリンク

つまずきの原因

ちょっとした段差で躓いてしまうのは、体が弱っているサインかもしれない。

4つのつまずきの原因が紹介された。

(1)ふくらはぎの筋肉が減っていること

ふくらはぎの筋肉が減り足がむくむと血液の循環が悪くなり、歩行時の感覚がにぶくなる。

むくみは、血液を心臓に戻す役割をしているふくらはぎの筋肉が減り、血液中の水分が皮膚に溜まってしまうことで起きる。

改善策は、大股で歩くこと。

いつもの歩幅よりも靴一足分ひろげて歩く。

歩幅が狭いと筋肉を使わないので、筋肉が弱くなって、ひざが上がりにくくなり、つまずきやすい。

ウォーキングを習慣化することで、体だけでなく脳も若返る。

(2)ふとももの筋肉が減っていること

歩くとき、脚を上げるのに重要なのがふとももの筋肉。

ふとももの筋肉が減ってしまうと思うように足が上げられずに、つまずく原因になってしまう。

ふとももの筋肉の減少を防ぐには、坂道を歩く。

坂道がない場合は、階段を使う。

上りでも下りでも、階段を使うとよい。


スポンサーリンク

(3)背筋の減少

背筋が減ると、姿勢がわるくなり猫背になる。

猫背になると体の重心が前になり脚が上がりにくくなるので、その結果つまずきやすくなる。

背筋の減少をふせぐには、腕を後ろに振って歩く。

腕を後ろに振ると、肩甲骨が動いて開くことで、猫背を防げる。

肩甲骨と連動して動く骨盤も一緒に動き、全身の筋肉を鍛えることもできる。

肩こりが解消するというメリットもある。

(4)蹴る力の低下

足が地面から離れるとき、足の指が地面を蹴っている。

この蹴る力が減ると、つまずく原因になる。

蹴る力の低下を防ぐには、速く歩く。

速く歩くと、自然と足の指で地面を蹴るようになり、歩行時に地面を跳ね上げる力がつくので、つまずき防止になる。

ウォーキングは夕方に

つまずかずにウォーキングするのに適した時間は、夕方。

体温は夕方が一番高く、筋肉が最もほぐれているので、夕方がウォーキングに適している。

【関連記事】
柔軟講座 躓き予防にひざ下のストレッチ
人生レシピ コロばぬ先の転倒予防!つま先・かかと立ち、あし文字、ボディジャンケン

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・柔軟講座 躓き予防にひざ下のストレッチ ・今でしょ!講座 つまずきの4つの原因とつまずかない歩きかた […]