主治医が見つかる診療所 むせるのを防ぐ嚥下おでこ体操、ペットボトルブローイング

2月1日の「主治医が見つかる診療所」は、『お口のケアで健康になる』がテーマ。

滑舌を鍛えたり、むせることを防止する方法などが紹介された。

噛む力や滑舌、飲み込む力は、口の周りの筋肉を鍛えることで改善できる。

【関連記事】
主治医が見つかる診療所 舌の筋トレ「パタカラ体操」「チェンジ噛み」

スポンサーリンク

口の衰えがどんな悪影響があるのか?

口の中といえば、虫歯や歯周病が思い浮かぶが、8020運動によってかなり改善してきている。

だ液が少ないと免疫力が低下し、脳卒中やがんなどの危険が高くなってしまう。

口の衰えは40代から

口の中に細菌が増えすぎてしまうと、歯周病などのリスクが高まる。

口のなかの潤いが減ってくると、滑舌も悪くなってくる。

加齢や、薬によってはその副作用によって口のなかの潤いも減ってくる。

自宅でてきる飲み込む力のチェック

30秒間で何回だ液を飲み込めるか。

3回以上飲み込めるとOK。

噛む能力のセルフチェック

こめかみに手ををあてて、奥歯でかるく噛む

頬骨から2センチほど下がった場所

ポイントは左右が均等に膨らむかどうか?


スポンサーリンク

むせなくなる方法

これまで1万人の飲み込む力を改善してきた浜松市リハビリテーション病院の藤島一郎先生が、むせなくなる方法を教えてくれた。

ある簡単なことを習慣にすれば、誤嚥もすくなくなり、むせることも少なくなるという。

よくしゃべることは口の運動になる。

食べることが運動。

嚥下おでこ体操

おでことてのひらで15秒ほど押し合う。

特に、食事前に行うと効果的という。

ペットボトルブローイング

息を吐いて音を出す楽器が有効だが、ペットボトルに水を入れストローで息を吹き込むことでものどが鍛えられる。

このペットボトルブローイング用ペットボトルの作りかたは

(1)ペットボトルの上の方に穴をあけ、ストローを挿す

(2)穴とストローの間にテープなどを貼って隙間をふさぐ

ペットボトルブローイングのやりかたは

できる範囲で長く吹き続けて、時間を測りながらできるだけ長く息を拭き続ける。

自分の限界がわかったら、その半分の秒数を目安に行う。

朝と夜の食事前に、1日2回でもOK。

キャップはゆるめから始めて、徐々に強くしていく。

だ液の分泌をよくする食べ物

だ液の分泌を促進する栄養素は、ビタミンC、コエンザイムQ10、イソフラボン、アスタキサンチン。

これらが含まれる、イチゴ、ラム肉、豆乳、鮭がおすすめとのこと。

【関連記事】
この差って何ですか 誤嚥性肺炎になりやすい人となりにくい人の差・嚥下おでこ体操

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ