名医のTHE太鼓判! 密着!血糖値24時 血糖値スパイク予防「座ったままザンゲ体操」

1月29日の「名医のTHE太鼓判!」は『密着!血糖値24時 最強の食事術』と題して、血糖値について。

血糖値を24時間測定しその変化を調べると、食前は正常の範囲内だが、食べたあとだけ血糖値が急激に上昇し基準値の140を超えることがある。

これが、血糖値スパイク。

スポンサーリンク

健康診断では見逃されてしまう

健康診断は空腹時に血液を採るので、血糖値スパイクは見逃されてしまう。

正常の範囲内でも、血糖値の急激な変動は2型糖尿病のリスクになる。

正常のラインで落ち着かせるのが大事。

血糖値スパイクの予防体操「座ったままザンゲ体操」

池谷敏郎先生が、血糖値スパイクの予防体操として「座ったままザンゲ体操」を教えてくれた。

そのやりかたは

(1)イスにすわったまま、太ももを交互に20センチほど上げる

(2)食べてしまったという懺悔の気持ちもこめて、足を上げると同時に両腕を前に出す

座ったままでも筋肉に負荷をかけることで、血中の糖が消費され、血糖値の上昇を抑えることができるという。

食後30分から1時間の間が、運動のゴールデンタイム。

【関連記事】
あさイチ 11/16 血糖値スペシャル「血糖値スパイク」
NHKスペシャル 10/8 血糖値スパイクには、朝食を抜かず、ご飯は最後、すぐに体を動かす
羽鳥慎一モーニングショー 血糖値スパイクの原因と対策

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ