ごごナマ イケメンドクター ED(勃起不全)

1月9日の「ごごナマ」イケメンドクター 大人のカラダ悩み相談室は「ED(勃起不全・勃起障害)」について。

解説してくれたのは、東京慈恵会医科大学助教授の相川浩一先生。

スポンサーリンク

EDとは?

ED(Erectile Dysfunction 勃起障害 勃起不全)は、陰茎に十分な血液が流れ込むことができずに、勃起が不十分な状態。

勃起するまでに時間がかかったり、持続ができずに中折れしてしまう、硬さが不十分というのも、広い意味ではEDに入る。

日本の成人男性の4人に1人がEDで悩んでいるという。

EDは血管のバロメーター

EDの原因は、大きく3つに分けられる

・心理的要因・・・悩み、ストレス、性交時のトラウマなど
・身体的要因・・・身体、血管、神経の障害など
・薬剤的要因・・・ふだん服用している薬の副作用

血管の太さは脳の動脈が5~7mm、心臓の動脈は3~4㎜だが、陰茎の動脈は1~2mm。

陰茎の動脈は全身の動脈のなかでもっとも細いものの一つなので、動脈硬化が進んでくると真っ先に現れるのがEDという。

内服薬以外のED治療

内服薬以外のED治療としては、降圧式勃起補助器具や、衝撃波を当てて血管を新しく作るというものがある。

病院に行くときは、泌尿器科や内科を受診する。

一般に売られている市販薬は非常に危険なので、必ず医療機関を受診するようにとのこと。

EDの問診票

代表的なEDの問診は、次のようなもの。

・勃起を維持する自身は、どれくらいありましたか?
・性的刺激によって勃起したとき、どれくらいの頻度で挿入可能な硬さになりましたか?
・性交の際、どれぐらいの頻度で勃起を維持できましたか?
・性交終了まで勃起を維持するのは、どれくらい困難できたか?
・どれぐらいの頻度で、性交に満足できましたか?

自分でできる対処法

自分でできる改善法として紹介されたのは、血流を改善することと男性ホルモンを増やすこと。

血流改善にはウォーキングや水泳などの運動、男性ホルモン増加にはスロースクワット。

食事では、血栓の予防・改善のために、にんにく、ねぎ、にら、らっきょう、たまねぎ。男性ホルモンの生成を促す、しじみ、かき、あさりなど。

亜鉛を多く含む食材やサプリメントを摂る。

【関連まとめ】
男性ホルモンを増やす方法

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ